FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

切手を買いに

イベントの幹事をすることになり、ここ数日デザインした原稿を詰めていました。
案内状を今週出すことになっているし、今日は切手を買いに走りました。

ところが、昼過ぎに行ったのに郵便局は閉まっていました。
平日なんだけど、どういうことだろか??
こわごわ運転して来たのにさ (- -;)
でも、外は車が普段より混んでいるし、何があったんだろうかと困惑しました。

仕方なく出直すことにして、それからスーパーへ行きました。
すると、駐車場はスペースを待つ車がゾロゾロ・・・。
ハロウィンでもこんなことなかったのにさらにワケわからず、食材を買ったついでに車を置いたままちょっと離れた本屋さんへ寄りました。

BORDERS(ボーダース)という大手の書籍店で、アマゾンほど大きくありませんがオンラインでも書籍など手に入ります。
本屋さんのテーマカラーはホームページから伺えるとおりワインレッドをしています。

この本屋さんの隣には、日本でもおなじみ Seattle's Best Coffee が最近オープンし、店内からそのまま入れる気軽さがウケています。
時折サークル活動の場になっていたり、静かに新聞や買った本を読む人々が憩いの場として使っていらしたりしています。
なんで郵便局開いてなかったんだろうって思いながら、待っていた新刊雑誌をつかみ、店内をウロウロしているとこんなものを発見しました。

Domored

BORDERS限定版どーもくんです!
日本のマンガコーナーにひっそりいました。
Manga と日本語のまま小さいコーナーが設けられていて、英語版に訳されて売られています。
ついでにお菓子や瓶入りのラムネなんかちょこっと並んでて、商品がよく入れ替わっているところを見ると人々が買っているのが伺えます。
そしてアメリカでも放映されているどーもくんフィギュアやぬいぐるみが入荷されては店頭から消えるんです。
どーもレッドはあと数体だけになっていましたよ。
これは面白いので家の者にお土産として買いました。
お店のテーマカラーをしたコラボ商品で、いつもの茶色い体がまっかっかです。

Magazines

アメリカ国内にある編物を扱った雑誌は、難易度に応じいろいろ出版されています。
それぞれインターネットのホームページを持っていますから、修正や訂正が掲載されているか編む前にチェックすることもできますし、間違いが見つかれば知らせることも可能です。
ちなみに知らせても薄謝はありませんので期待してはなりません。

中には教科書的なコラムがあって参考になる編物雑誌もあったりですが、クリスマス商戦が始まるころ、ホリデー版とも言うべき特別企画がたくさん盛り込まれたものは注目です。
やはり編んだものをプレゼントしようとする人がいるんでしょうね。
ギフトとして編むことを想定したデザインがいっぱいなんです。
私は有名な人が書いたコラムを期待して編むのは後回しですが、Interweave Knits Vogue Knitting は特に内容が良いので半分コレクションとして買っています。
Interweave Knits は今年のバージョンには相当力を入れているのが伺えますよ。
値段も通常の倍近くするシロモノになっていました。
今回はニットデザイナーとして知られる Debbie Bliss さんの雑誌(一番左)も購入しました。

買ったものを持ち帰り、郵便受けを開けようとしました。
すると、後ろから近所の方の声が。

今日は祝日だから郵便来てないよ。

なんですって( ̄□ ̄|||)
ものすご振り返りました。
すると、今日はVeteran's Dayだとか。
アァ、ワスレテマシタと返してみましたが、実は全くわかっていませんでした。
知らない人が多いんだけどね、と言い残しその方はおうちへ入って行かれました。

郵便局が閉まっている理由がここでやっとわかりましたよ。
あーあ。
また一つアメリカのことを学びました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
これからも応援よろしくお願いいたします♪
スポンサーサイト

2009/11/12(木) | US日記 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://bluepython.blog45.fc2.com/tb.php/59-8c44b3f2
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。