FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Cable and Rib Jacket (2)

DB_jacket02

 

袖を縫える態勢にするため一旦水に浸し、ピンで固定し完全に乾くまで放置すること数日・・・。

 

私縫うのがとっても下手でして、今回は縫う場所をしくじらないよう ガイドさん を用意しました。

って単なる赤いソーイング用の糸を使っただけですが、最初それでゆる~く縫い合わせ、問題がなさそうだったらメインの糸でガイドさんの足取りを辿るように縫い合わせるという簡単な作戦です。

最初、袖と身頃の部分を合わせ、その状態で1インチ程度の間隔毎に本体と色の異なる糸で印をつけて、広げて平らな状態に置いてガイドさんを施しました。

ポイントは浮かせた状態で作業してはならないことです。

糸を引き締めるときも平らにしたままでないと、縫ったところがひきつれて着心地が悪くなるため注意が要ります。

今日は片袖で限界です。

 

 


 

After wet-blocking my sleeves and dried them completely for a couple of days,  I was supposed to be all set.

 

My sewing skill really sucks hence I made some "Guide" so that I could keep track easily where to sew together with body.  The Guide is very loose matress stitches with plain old red sewing thread. That's my plan to succeed better than before.

 

Well, I marked matching point between sleeve and body every approx. 1"  and then made Guide as photo.

 

The important sewing tip is always have to be careful to keep both garments flat as much as possible even when pulling the yarn, otherwise the seaming line would be lumpy-bumpy. 

 

This time I took the tip seriously...but  ugh, it's too cumbersome work for me to do this any more, I feel exhausted just one sleeve today.

 

スポンサーサイト

2009/07/25(土) | ジャケット/Jacket | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。