FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

セーター制作前の準備 Stockport (1)

もらった編物パターンで今年着てみたいセーターを編もうと、19日にゲージをはかりました(前回記事)。
基準になる数値は、10cm四方14目/16段とあり、私の毛糸は12目/16段になります。
材料が違うためゲージが違うのはごく普通のこと。
偶然縦の長さについては考えなくてもいいとわかりました。

そして、裾が私のサイズですと44.5cmになるということなのですが・・・
パターンは80目からスタートするよう指示されておりました。
1cm=1.4目、80目=57.14cmもあります。
44.5cm=62目~63目でいいはずが、なぜ44.5cmになるのでしょうか?
それは、中央にあしらうケーブル模様の影響を考慮したから多めになっているのだと思われます。
この感じですと、1.29倍の目数でスタートすると私は解釈しました(80目÷62目)。

そして、44.5cm×1.2×1.29=68目とし、もう少し細身にしたかったので66目で編み始めたのです。
ところが、10段目にして横幅が50cmを越えていることに気づきました。
どうも私の毛糸は1.29倍もしてはならないみたいです。
全部ほどきました

ということは、ケーブル模様の計測も必要になるみたいです。
なんと面倒な。
でも編み終わって満足したはいいけど、着られるものにならなかったら台無しです。
一番大きいケーブル模様の部分だけ編むとこうなりました。

Swatch_09232011

自然に置いた状態ですと、24目14cmありました。
1cm当たり1.7目となり、表編みだけで編んだときの1.2目と比べると1cm当たりだけでも既に差が生じています。
10cmで5目プラスと考えるようにして、何倍の目数と考えるのはひとまずやめることにしました。
これを基に編み始めの目を80目からどのくらい少なめにするか考えることにします。
スポンサーサイト

2011/09/24(土) | 現在制作中/Ongoings | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://bluepython.blog45.fc2.com/tb.php/145-18883f86
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。